トップメッセージ

「水」をベースに新たな挑戦へ

さらなる高みへ

これからのコンサルタントは、「官(国・地方公共団体)」や「民間」に働きかけて自ら仕事を作るという意欲が大切であると認識しております。そのために、社長就任以来社内体制を根本から見直し、専門性の高い技能を持つ人材の育成と、新たな時代の変化に対応できる強靭な組織をめざして経営改革を進めてまいりましたが、ようやくその成果が少しずつ表れてきたように感じております。

改革は成長を前提に行うものであり、企業は拡大均衡を常に目指すべきと考えます。今後も、新規事業の推進、グループ会社との連携、海外事業への進出などにより、さらなる事業領域の拡大に邁進する所存です。

グローバル化した世界のなかで

ところで日本国の現状を直視しますと、早晩「資源問題」に突き当たると考えています。 グローバル化した世界にあって、わが国だけが発展することはあり得ず、多くの国々との関係性の中で生きて行くしか道はありません。 直近の課題である、世界の人口増加問題や多くの人々が安全な水の確保と適切な衛生施設へのアクセスができない状況、さらに多くの感染症が流行するなど、世界には多様なリスクが存在しています。

このような世界の抱える課題を認識しながら、わが国の資源問題を現実的な視野を持って考えておくことが、企業としては必要だと考えます。 食料の自給率は40%程度、その他の多くの資源も海外に依存せざるを得ない現状は、如何にわが国が世界経済の影響を強く受けているかをより実感させてくれます。当社はこの観点から3Rの推進を常に意識しつつ業務に取り組んでいくことが重要だと認識しております。

※3R(スリーアール)とは、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのR(アール)の総称です。リデュースとは物を大切に使いごみを減らすこと、リユースとは使える物は繰り返し使うこと、リサイクルとはごみを資源として再び利用することです。

インフラ資産を後世に

先進国における高齢化と少子化による人口減少により、世界経済全体の緩やかな悪化は避けられません。しかしながら、これまでに莫大な投資をしてきた上下水道等のインフラ資産を、災害大国であるわが国がどのようにより良い形で後世へ残していくのかという課題に対し、常に向き合っていかなければなりません。 正にRestructureが基本です。この本質的な問題の解決に向け、我々コンサルタントは活動の場を広げていく所存です。 このような活動が出来なければ、社会的にコンサルタントの存在理由さえ疑われかねません。もちろん海外事業への貢献はこれからも進めて参ります。 その際には、地球環境の改善に関わる新たな事業分野へ挑戦していくことを強く意識しています

基本は「水」

当社では、いかに社会環境や時代が変わろうとも、「水」をベースに生きていくという信念だけは持ち続けてまいります。 また21世紀は「水の世紀」とも言われており、水の仕事に従事することの誇りを忘れることなく、常に挑戦し続ける集団として、今後も社業の発展に邁進していく覚悟でございます。