行動基本方針

株式会社日水コンは、社是の精神に培われた企業文化を維持し、社会的信頼を保持するため、次の方針のもと、企業倫理の維持、品質の向上、環境の保全及び情報セキュリティを実践します。また、グループ会社には、本行動基本方針の趣旨に基づいた企業活動の実践を求めます。

倫理方針

1.社会への貢献と品格の保持
培った技術と経験及び弛まぬ自己研鑽を基礎に、新たな知恵を創造するコンサルタントとして、品格を高め、高い技術力と事業運営力を提供し、社会公共のために貢献します。

2.公正な立場の堅持
ステークホルダーとは適切な関係を維持し、公正かつ誠実に業務を遂行します。

3.情報の保護・管理の徹底
個人情報、顧客情報など取扱う各種情報について、秘密を保持し、適切な保護・管理を徹底します。

4.法令等の順守
法令、社内規程、その他の社会的規範を順守し、公正かつ自由な競争の原理に基づき健全な企業活動を行います。また、市民社会の秩序と安全に脅威を与える反社会的勢力・団体に対しては毅然とした態度を堅持し、一切の関係を遮断します。

品質方針ならびに環境方針

当社は、手がける業務において品質の向上を進め、その高めた品質を通じて顧客へ真の満足を提供することにより、社会・公共の持続的発展に貢献いたします。合わせて、『水』を主体とする生活環境や自然環境の向上に貢献することを目指します。また、当社の事業所活動においても、持続可能な社会構築に寄与するために省資源と省エネルギーを目指します。そのためには、当社の役職員は、法令を順守し、かつ、顧客や関係する人たちのニーズに応えることを旨とした行動を心掛けてまいります。

品質方針と環境方針について

当社のISO 9001システムは経営を支援するツールのひとつであり、その目指すところは、品質の向上を支援するシステムとして活用し、高めた品質により顧客に真の満足を提供し、業績を拡大することです。
 一方、当社は『水ならびに水を取り巻く環境』をテーマとする企業活動を展開しており、受託業務の成果がインフラの整備や運用を通じて持続可能な社会の構築に直接的に関与することになります。
 つまり、当社のISO 14001システムが目指すところは、プロジェクト活動に関しては企業活動の推進による環境への貢献であり、当社の企業活動の拡大と同義と位置付けることができます。
 これらを勘案し、当社における品質方針と環境方針(プロジェクト活動)は、企業活動の拡大と同じ方向を見定めたものとして策定いたしました。

情報セキュリティ方針

1. 各種情報の取扱
個人情報保護法をはじめとする情報セキュリティに関する法令、ガイドライン及び契約上のセキュリティ要求事項を順守し、情報の取得、利用、管理、廃棄を適切に行います。

2. 情報セキュリティ管理の徹底
情報セキュリティに関する基本規程、管理基準を定め、情報セキュリティ管理を徹底します。

3. 教育の徹底
社員に対し、高いセキュリティ意識で業務を遂行すべく教育の徹底を図ります。

4. 緊急事態への対処
情報セキュリティ上の事故が発生した場合には、原因究明・対策を速やかに実施し、被害を最小限にとどめるとともに再発防止に努めます。

5. 協力会社の監督
協力会社には、当社の情報セキュリティへの理解を求め、情報セキュリティ確保のため必要な措置を講じます。

アセットマネジメント方針

当社は、上下水道を中心とする社会インフラの整備と維持・運営の適切性を確保し、その利害関係者のニーズや期待に応えることを目指しており、当社の役職員は法令を順守し、かつ、以下のアセットマネジメント方針のもとに行動します。

1. アセットマネジメントに関する高度なコンサルティングサービスを展開し、顧客に真の満足を提供します。

2. 水の総合コンサルタントとして、各部門の技術や経験を結集し、顧客の事業運営への支援や補完を通して、持続可能な社会の構築に貢献します。

3. 当社のアセットマネジメントシステムにおいては、より高いレベルを目指し、役職員が協同して継続的改善を実行します。