健康経営宣言

健康経営宣言

水は、人間の生命・健康に不可欠です。水道、下水道は、憲法25条の生存権を保障するインフラです。当社は、国内外の地方公共団体を主とする顧客への水に関するコンサルティングサービスを通じて、世界の人々の健康に貢献していきます。

そして、コンサルティングサービスの源泉となる知恵を生み出すのは人であるため、当社の経営資源は人です。創業以来の「人を大事にする会社」、この伝統は、これまでと同様、これからも堅持していきます。社員が、健康で生き生きと働く会社、それぞれの個性に応じて能力を発揮できる会社、これこそが、人を育て、会社の発展につながると確信しています。

会社として「健康」を経営課題としてとらえ、会社と社員、そして家族が、より安心して、自分らしく働ける会社を目指していきます。また、水コンサルタントのリーディングカンパニーとして、グループ企業・取引先・地域・協会等にも積極的に働きかけて連携していきます。

2019年10月

株式会社 日水コン
代表取締役社長  間山 一典

主な取り組み及び成果

当社では健康経営について、大きく「フィジカルヘルス」「メンタルヘルス」「ワークライフバランス」の3本柱からなる取り組みを実施しています。各取り組みは確実に成果を上げてきており、例えば、気軽に本人やその上司が専門スタッフに相談できるようになる等、社内の健康意識が高まってきています。

【青字】は2018年度実績

フィジカルヘルス
メンタルヘルス
ワークライフバランス
体制