NSCシンポジウム2019を開催しました!

お知らせ

毎年恒例、この季節がやってきました。去る8月29日と30日に「NSCシンポジウム2019」(以下「NSCシンポジウム」)を開催しました。

今年は7回目。「社業を知る・感度を磨く・交流を深める」を目的として当社が全社横断で毎年行っている社内研修企画であり、社内ネット配信も含め、2日間で延べ288名の参加がありました。

今年のコンセプトは創業60周年にちなみ、『60⇒』(ロクゼロ)としてロゴも作成しました。込めた想いは次のとおりです。

  • 読み方はロクゼロです。
  • 『60』は60周年を、『6(ロク)』は現在の日水コンを支える6つの本部・研究所を、『0(ゼロ)』は間山社長の新体制でのあらたな歩みを、『⇒』は未来に向かってのさらなる飛躍を表現しています。
  • 還暦を迎える老舗企業でありながら、決して衰えることなく進化を続け、フレッシュさを失わずに輝き続ける日水コンをイメージしています。

学生を迎えてのワンデーインターンシップも兼ねたワークショップ企画も定番となり、今年も40名を超す学生を交えて、新たな日水コンファンを獲得する絶好の機会として確実に成果を上げています!

学生の皆様には1日を通して社員と交流いただき、NSCシンポジウム終わりにはリニューアルした当社会議室で採用ガイダンスを行いました。「60⇒」に込めた想い、当社をリアルに感じていただけたと思います。毎年のことですが、もちろん、社員も昨年同様にプロフェッショナルとしての新たな気づきを得る時間になったと思います。

優秀発表者の表彰

今年も参加した社員の審査・投票により特に優秀な発表として3名の職員が表彰されました。なお、学生に最も支持されたのは、優秀賞にも選ばれた「水辺へGo!」でした。

最優秀賞

水道事業部 山本昌弘
「水道事業体の基幹施設更新事業における日水コンの役割(計画~設計~工事監理)」

優秀賞

海外本部 松原康一
「持続可能な開発目標と水道事業:アジア・アフリカの事例からの考察」

 

情報システム部 吉村大三郎
「水辺調査アプリの開発と活用検討(水辺へGo!)」

さて、来年はどのような深化を生み出すか? 新たなご報告にご期待下さい!

NSCシンポジウム2019実行委員会一同

> トップページへ | > 更新情報一覧へ | > ニュースリリース一覧へ