NSCシンポジウム2021を開催しました

お知らせ

日水コンでは、去る8月26日と27日に「NSCシンポジウム2021」(以下「NSCシンポジウム」)を開催しました。

「社業を知る・感度を磨く・交流を深める」を目的とした、全社横断的な社内研修企画として、今回で9回目を迎えました。5年前からは、学生を迎えての1dayインターンシップも兼ねたワークショップ企画を始め、新たな日水コンファンを獲得する機会として確実に成果をあげています。

新型コロナウイルスの影響で、今年もリモートによる開催でした。事務局としては、不安を抱えたままの当日運営でしたが、社員の協力もあり、大きなトラブルもなく無事終了できました。リモートによる参加者は、社員370名(2日間合計)、学生52名(2日目)、合計参加者422名の方々に参加していただきました。これらの貴重な経験をもとに、次年度以降のNSCシンポジウムの深化に繋げていきたいと思っています。

今年の発表のテーマは、「日水コンが誇る、最先端の取組」でした。
学生の方々には、発表、質疑応答、日水コン社員とのグループワーク(交流の場)にリモートで参加していただきました。また、NSCシンポジウム終了後、採用ガイダンスも実施しました。

優秀発表者の表彰

今年も参加した社員の審査・投票により特に優秀な発表として3名が表彰されました。

最優秀賞

久保宜映

インフラマネジメント本部国内インキュベーション事業部事業戦略部
久保 宜映
「PPP手法を活用した戦略的な営業展開について」

優秀賞

冨田真未

地域統括本部東部統括部東京支所
冨田 真未
「受注UPに向けた提案~くじ引き阻止と点数稼ぎver~」

3位

濱谷義晃

コンサルティング本部環境・資源部
濱谷 義晃
「インドネシアの水産加工業を対象とした“コベネフィット型”排水処理技術普及事業」

 

さて、来年はどのような深化を生み出すか?新たなご報告にご期待ください!

NSCシンポジウム2021実行委員会一同

> トップページへ | > 更新情報一覧へ | > ニュースリリース一覧へ