プラント機械・電気

近年の水事業において機械・電気設備に求められる役割は「技術進歩による高度化」、「地球環境や社会情勢による多様化」に起因し高まる一方です。

さらに、省エネ・新エネ設備なども積極的な導入が進められています。加えて、アセットマネジメントやビジョンの導入など、高度な経営(運営含む)が求められることから、比較的耐用年数の短い機械・電気設備ではその特質を理解した適切な計画・設計が必要になっています。

このような情勢を踏まえ、我々は柔軟で多様なニーズに対応できる調査、計画、設計を提供してまいります。

  • 下水道施設のストックマネジメント

    ストックマネジメントとは 我が国の下水道施設は、管路約43万km、処理場数約2,100箇所の施設のストックがあり、老朽化を放置すれば、処理機能の停止によるトイレの使用制限、未処理下水の流失、管路破損による道路陥没など日常生活や社会経済…続きを読む

  • 「持続」可能な水道事業であるために・・・

    アセットマネジメントのご提案 水道施設が本格的に更新の時代を迎える一方で、厳しい財政状況のなか、投資効率を重視した資産管理が求められます。 また、施設の更新は、水道システムの機能改善、水道サービスの向上を図る絶好の機会でもあり、単…続きを読む

  • 下水処理場エネルギー使用の合理化-省エネ-

    省エネ法改正 平成21年5月に省エネ法の一部が改正され、平成22年度より施行されることとなりました。 今回の改正により、事業全体でのエネルギー使用量が基準値以上であれば、「特定事業者」として指定を受けることとなります。 平…続きを読む

  • 新エネルギー・省エネルギー設備導入のご提案

    はじめに 各地域における水道施設は、地域の実情に合わせて発展し地域住民の生活に欠く事のできないものとなっています。また、国として「地球温暖化防止会議(COP3):1997年」・「洞爺湖サミット:2008年」等、地球温暖化防止対策を実行…続きを読む

  • 資源・エネルギー循環の形成-バイオマス利活用事業-

    資源・エネルギー循環の形成へ向けて 我が国は、資源・エネルギーの供給源を海外に依存しており、また資源・エネルギーの消費量増加により環境負荷が増大し、地球温暖化による影響が顕在化しつつあります。これらの課題に対応するために、従来のエネル…続きを読む

  • 民間活力導入支援-PPP,DB,DBO,PFI-

    PPP・PFIについて PPP(Public Private Partnership)とは公共サービスの提供に何らかの形で民間が参画する手法を幅広く捉えた概念で、 PFI(Private Finance Initiative)、民間委…続きを読む

  • 下水道ストックマネジメント計画に基づいた長寿命化

    下水道ストックマネジメント支援制度 下水道の標準耐用年数は、一般的な下水環境の下で適切に維持管理が行われている場合、管渠、及びポンプ場、処理場の土木・建築構造物で50年、機械・電気設備で15〜30年とされています。このことは、供用開始…続きを読む

  • 水道施設の設備更新計画(電気計装・機械設備)のご提案

    はじめに 各地域における水道施設は、地域の実情に合わせて発展し、地域住民の生活に欠く事のできないものとなっております。また、水道の普及率は100%に近づき、近年では普及(建設)から維持(管理)・向上(更新)の時代に入っております。 …続きを読む

  • 監視制御設備更新業務のご提案

    はじめに 公共事業は、近年、建設から維持管理の時代へと移行しています。維持管理としては、運転管理、保守管理、危機管理等、様々な要素がありますが、それらを行なうために、今や欠かせないものが監視制御設備です。 監視…続きを読む

  • NAS電池システムによる電力使用合理化

    水道、下水道における電力使用の合理化 安全で安心できる生活を支える水道、生活環境の改善や公共水域の水質保全などを担う下水道は、大きな社会的役割を果たしています。 しかし、その一方で上水処理や下水処理で多大な電力を消費し…続きを読む