下水道施設のストックマネジメント

ストックマネジメントとは

我が国の下水道施設は、管路約47万km、処理場数約2,200箇所の施設のストックがあり、老朽化を放置すれば、処理機能の停止によるトイレの使用制限、未処理下水の流出、管路破損による道路陥没など日常生活や社会経済活動に大きな影響があります。

管路の年度別整備延長(出典:国交省HP)

国交省HP

管路の年度別整備延長

処理場の年度別供用箇所数(全国)(出典:国交省HP)

国交省HP

処理場の年度別供用箇所数(全国)

厳しい財政状況下で下水道サービスを安定的に確保していくために、計画的かつ効率的な施設管理を行うことにより、下水道機能を継続的に発揮していく必要があります。

そのためには、個別の施設の改築を支援する制度として下水道長寿命化支援制度がありますが、予算の制約の下で、一連の下水道システムの全施設を対象に、新規整備、維持管理、改築修繕を一体的に捉えて事業運営するストックマネジメント手法の導入が必要になります。

ストックマネジメント

ストックマネジメントの導入手順とスケジュール

ストックマネジメントの導入準備と計画策定に必要な検討事項とスケジュールの例を、下表に示します。

ストックマネジメント導入までに必要な検討事項とスケジュールの例

表1ストックマネジメント導入までに必要な検討事項とスケジュールの例

下水道施設のストックマネジメント手法に関する手引き(案)、
平成23年9月 下水道施設のストックマネジメント手法に関する検討委員会

ストックマネジメントにおける目標の設定と計画の策定

ストックマネジメントを導入するにあたり、下水道事業の目標(目標A)と、目標Aを達成するために施設種類別に事業量の目標(目標B)を設定します。 また点検・調査及び改築修繕の優先順位の検討にあたっては、リスクの検討・評価を行います。

また、下水道には、多くの土木施設、建築施設、機械設備、電気設備があります。 これらの施設・設備を適正に長寿命化させることは、下水道事業経営を健全化し、下水道サービスの向上にもつながります。また、今後はストックマネジメントからアセットマネジメントへの展開も必要となりますが、 まずはストックマネジメントの実践により、維持管理・改築修繕の一体的な最適化をはかり、 持続的な下水道事業の実施を確実なものとすることが望まれます。

点検・調査及び改築修繕に関する目標(目標A)の設定例

点検・調査及び改築修繕に関する目標(目標A)の設定例

下水道施設のストックマネジメント手法に関する手引き(案)、
平成23年9月 下水道施設のストックマネジメント手法に関する検討委員会

点検・調査及び改築修繕に関する目標(目標A及びB)の設定例

点検・調査及び改築修繕に関する目標(目標A及びB)の設定例

下水道施設のストックマネジメント手法に関する手引き(案)、
平成23年9月 下水道施設のストックマネジメント手法に関する検討委員会

日水コンは、ストックマネジメント関連の業務実績を踏まえた下水道施設のストックマネジメントの導入を提案いたします。 なお、長寿命化計画については【下水道ストックマネジメント計画に基づいた長寿命化】を、アセットマネジメントについては【下水道アセットマネジメント】をご覧下さい。