廃棄物処理施設整備基本構想

1.背景・目的

廃棄物処理施設整備基本構想(以下、施設設備基本構想)は、今後整備が必要となる施設について、最適な処理システムを構築する視点から検討を進め、施設整備内容を設定することを目的として行うものです。一般廃棄物処理基本計画では処理施設整備の基本方針を検討しますが、施設整備基本構想では、整備する施設の規模、形式、事業費用等の検討を、循環型社会形成推進地域計画に先駆けて行うもので、施設整備を進めていくうえで重要な位置づけとなります。

まず最初に、一般廃棄物処理基本計画に基づき、ごみ処理又はし尿処理の現状と課題を把握し、課題の解決に適用可能な最新の処理技術の動向等を明らかにします。次に、ごみ又はし尿・浄化槽汚泥の量(排出量・処理量)や質(組成・水質)の長期的見通しを検討し、将来における処理システム案を複数挙げて比較・評価を行い、最適な処理システムを選定・提案します。さらに、選定した処理システムに基づいて、施設整備基本構想を取りまとめます。

2.業務構成と検討手順等(家庭ごみの場合)

業務構成(検討手順等)

ごみ・し尿処理の現状と課題の整理

  1. )処理状況の把握
  2. )現状の課題抽出

→現状における課題点を、各種実績値の整理に加え、関係者へのヒアリング等をしっかり行い、明確にします。

処理技術の動向

  1. )収集・運搬システム
  2. )処理技術
  3. )資源化技術

→課題解決のための最新技術について情報収集を行います。

処理システムの検討

  1. )ごみ・し尿等の量・質の検討
  2. )処理技術の適用検討
  3. )処理システム案の提案と評価

→各々の設定根拠を明確に検討します。

施設整備基本構想策定

  1. )施設整備内容の決定
  2. )施設整備スケジュール
  3. )行財政計画

→エネルギーや温室効果ガスの削減を念頭に、コスト削減に最も注視し、基本構想をまとめます。

3.スケジュール

基本構想から設計・工事監理、供用開始までの一連の業務管理が重要

廃棄物処理施設の整備は、基本構想の策定から循環型社会形成推進地域計画の策定、施設用地の選定、用地測量・地質調査及び用地の造成設計、生活環境影響調査、基本設計及び発注仕様書作成等の発注支援業務、設計監理・工事監理、供用開始の流れになります。 特に、施設用地の選定は事業を進めるにあたって重要なポイントになります。 地域の特徴や事業体の実情を考慮した候補地の選定と絞込みにおけるスケジュール調整が重要となり、基本構想から工事監理までの一連の業務を全面的にサポート致します。

施設整備に関する適切なスケジュール管理を提案

廃棄物処理施設の整備は、基本構想から供用開始まで少なくとも7年程度の期間を要します。事業全体の適切な進め方について詳細なスケジュールは以下のとおりです。

参考 廃棄物処理施設整備スケジュール【例】

参考 廃棄物処理施設整備スケジュール【例】

4.業務実績

近5ヶ年の実績(平成30年10月1日現在)

受注年度 発注者 業務名称
平成25年(2013年) 石川県小松市 熱回収施設高効率発電可能性調査業務
平成25年(2013年) 奈良県奈良市 クリーンセンター施設基本構想検討業務委託
平成25年(2013年) 東埼玉資源環境組合 第二工場し尿処理施設整備基本計画等策定業務委託(施設整備構想)
平成27年(2015年) 群馬県富岡甘楽衛生施設組合 施設整備基本構想策定支援業務委託
平成28年(2016年) 埼玉県久喜市 ごみ処理施設整備基本構想策定業務委託