河川

安全・安心な社会生活をおくるためには、自然環境と調和した潤いある社会基盤の整備が必要です。河川事業部では、源流域~河川~河口・海岸域を貫く河川管理を目指した総合的な河川技術を展開しており、水系一貫した防災分野・高度な水環境分野に及ぶ幅広い技術サービスを提供しています。

  • 平面2次元河床変動シミュレーション

    河川整備計画に基づく河川改修の進捗 河川法改正に伴う河川整備基本方針及び河川整備計画が全国で策定され、河川整備計画に基づく河川事業が推進されています。中でも、河積を確保しつつ災害ポテンシャルも低減可能な河道掘削や河道内構造物の撤去・改…続きを読む

  • ダムからのフラッシュ放流により川をリフレッシュ

    良好な河川環境を形成・維持するためには、河道形態・河床の状態のいずれにも大きく影響する「流量」の管理が極めて重要です。このため、多くのダムでは固定化した河道・河床を更新するフラッシュ放流(弾力的管理)を実施しています。 弊社では豊…続きを読む

  • 3次元モデルによるダム貯水池・湖沼の詳細水質予測

    当社開発のダム・湖沼3次元水理水質解析モデル ダム貯水池や湖沼の水質検討へ3次元モデルを活用することを提案します 従来の鉛直2次元モデルではできなかったことが、3次元モデルにより再現・評価可能になります。 → 局所的な水理水質現象…続きを読む

  • 分布型洪水予測モデルによるダム流入量予測システムの構築

    分布型流出モデルの特徴 近年、国土数値情報(流域のメッシュデータ)や解像度が高い気象レーダー、予測精度の高い気象予測(降水短時間予報)が整備されるとともに、パソコンのスペックの向上により、流出量予測は、昔から活用されてきた集中型モデル…続きを読む

  • 地球温暖化による水資源への影響の検討

    地球温暖化による水資源への影響 近年、地球温暖化に伴う気候変動により、気温の上昇や降水特性の変化等が顕在化しています。水資源に関しても、地球温暖化の影響が懸念されており、代表的なものとして、降雨変動の増大による流況変化、気候の上昇によ…続きを読む

  • 津波対策-河川計画への津波の反映-

    地震外力設定による津波による浸水予測・ハザードマップや津波対策の検討 東日本大震災による津波による大災害を契機に、地震外力の見直し・津波による浸水予測の見直し、対策の見直し、ハザードマップの早急な見直しが必要な状況にあります。 …続きを読む

  • 川の「自然再生」に向けて

    川が「川をつくる」お手伝い 「川の自然」とは? 「川」の自然は、場所によって、また時間によって様々に変化することが大きな特徴です。また「流域」として捉えると、上下流のつながりや支川・水路・周辺の利用地(水田など)との横方向のつながり…続きを読む

  • 樋門ゲートの無動力化

    樋門ゲートのフラップ化 樋門のゲートには、引上げ式(ローラゲート、スライドゲート)のほか、フラップゲートやマイターゲートがあり、操作の確実性から引上げ式が採用されてきました。 しかし、近年になって施設管理者の高齢化などによるゲート…続きを読む

  • 樋門改良によるエコロジカルネットワークの再生

    分断されたエコロジカルネットワーク エコロジカルネットワーク(以下「エコネット」)とは、分断された生物種の生息・生育空間を相互に連結することによって、劣化した生態系の回復を図り、生物多様性の保全を図ろうとする構想です。 オオ…続きを読む

  • 詳細水理モデルによる排水機場操作要領の検討

    詳細水理モデルの必要性 内水計画は、一面が湛水するような大規模な降雨を計画対象として水平湛水を仮定した「池モデル」で検討されることが一般的で、これをもとに排水機場の整備が行われます。 実際には排水機場は計画規模以下の中小降雨に際…続きを読む