フラッシュ放流

1.フラッシュ放流の必要性

良好な河川環境を形成・維持するためには、河道形態・河床の状態のいずれにも大きく影響する「流量」の管理が極めて重要です。このため、多くのダムでは固定化した河道・河床を更新するフラッシュ放流(弾力的管理)を実施しています。

フラッシュ放流の様子

フラッシュ放流の様子

 

フラッシュ放流試験の流れ

図1 フラッシュ放流試験の流れ

2.フラッシュ放流の目的

1)アユの生息環境改善 (*最も多い事例です。)

河床の付着藻類を剥離更新させ、アユが餌として好む「ビロウドランソウ」を生育しやすくします。

2)シルト等の堆積物の掃流

底生動物や魚類の生息環境の改善やワンドの陸化抑制、景観の改善などを行います。

3.計画立案・モニタリング調査・効果分析

1)計画立案

環境を改善したい区間の河道条件や放流設備の能力等を勘案し、改善効果が得られるように放流量を段階的に設定します。安全管理計画も重要です。

2)モニタリング調査

目的・期待する効果に応じた地点・項目・時期の設定が重要です。
(例:アユの生息環境改善では、生育期間に、餌場となる瀬で、放流前後の流量と付着藻類の変化を把握します。)

フラッシュ放流前後(放流後は礫表面の付着物が剥離掃流されている)

放流後は礫表面の付着物が剥離掃流されている

ここがpoint!
  • 調査地点は、フラッシュ放流によって流速が大きく変わる平瀬を選ぶ
  • フラッシュ放流で河道内のゴミが下流河川に悪影響を与えないように配慮

3)効果分析

調査結果について、フラッシュ放流に伴う水理量(放流量、流速等)と関係づけて分析します。また、付着藻類は、クロロフィルaや強熱減量等の一般的な項目に加え、綱別(珪藻・藍藻類等)細胞数や、アユに好まれるビロウドランソウ等に着目して分析します。

付着藻類細胞数の経時変化

図2 付着藻類細胞数の経時変化

dam-flash05

アユのハミ跡の確認調査

アユの生息や産卵場所として重要な瀬やシルト等の堆積による陸地化が懸念される浅いワンドにおいて、流速観測が難しい場合は、水理解析(平面二次元不定流解析)を行い、掃流効果について分析します。

平面2次元不定流計算による ワンド周辺の流速ベクトル・コンター

図3 平面2次元不定流計算によるワンド周辺の流速ベクトル・コンター

4.本運用に向けた課題の検討

  • フラッシュ放流の効果分析結果に基づく放流量及び放流期間の設定
  • 本運用に向けた操作規則の改訂等の課題抽出
  • 放流設備の改造 等

5.業務実績

近5ヶ年の実績(平成30年10月1日現在)

受注年度 発注者 業務名称
平成25年(2013年) 中部地方整備局木曽川上流河川事務所 平成25年度木曽川上流流水環境改善検討業務
平成25年(2013年) 佐賀県県土づくり本部ダム管理事務所 単ダ調査第1109900―014号
伊岐佐ダムダム調査委託(放流実験調査)
平成26年(2014年) 佐賀県県土づくり本部ダム管理事務所 単ダ調査第1402300-014号
伊岐佐ダムダム調査委託(放流実験調査)
平成26年(2014年) 秋田県山本地域振興局 粕毛川水質保全対策検討業務委託26-K231-Y1
平成26年(2014年) 中部地方整備局木曽川下流河川事務所 平成26年度木曽三川下流部水質予測検討業務