川の「自然再生」に向けて

1.川が「川をつくる」お手伝い

1-1.「川の自然」とは?

「川」の自然は、場所によって、また時間によって様々に変化することが大きな特徴です。また「流域」として捉えると、上下流のつながりや支川・水路・周辺の利用地(水田など)との横方向のつながりを持つことも重要な特徴です。このように「川」は他の場所とは異なる生態を持つ多くの生物を育み、同時に人と川との良好な関係を育んできました。

遠賀川の自然

遠賀川の自然
H19 樋門・樋管改良型自然再生事業検討業務
(遠賀川河川事務所発注、九州地方整備局長表彰)にて撮影

1-2.これまでいろいろやってきたけれど・・・

近代化の過程で損なわれてきた川の自然に対しては、河川法の改正や自然再生推進法の施行などによって改善が試みられてきました。しかし、「何を目標にどこまでやれば良いの?」「行政と住民の役割分担はどうすれば良いの?」「管理が大変・・・」「やってはみたもののうまくいかない・・・」など、計画から実行、管理、手直しに至る様々な場面で課題が出ています。

1-3.大切なのは「その川らしさ」!

「自然」は地理的条件や人の関わり方で異なる“姿”になり、「川」はさらに川自身の特徴によって様々な“表情”を見せます。つまり、川は川ごとに「その川らしさ」を持っています。これを再生することがその川の「自然」を再生し、周辺に住む人の豊かな生活文化を再生することになります。

荒川中流域のハンノキなどの河畔林

荒川中流域のハンノキなどの河畔林
釧路湿原では乾燥化の象徴であるハンノキも、ここでは関東の氾濫原の代表として再生の対象である。
H22 荒川上流環境整備事業評価調査検討業務(荒川上流河川事務所発注)にて撮影

1-4.川の自然は「川が自分でつくる」!

「その川らしさ」の再生に重要なことは、その川が持つ「川をつくる働き」を再生することです。また目標(指標)とする生物を考えるときも、このような働きでつくられる「場」とあわせて考えることが重要です。

利根川下流部の中水敷の湿地化(利根川下流河川事務所HPより)

利根川下流部の中水敷の湿地化。
高水敷を掘削し、水位変動を利用して湿地を形成・維持している。
H20-21利根川下流部水環境改善検討業務(利根川下流河川事務所HP)

2.業務実績

日水コンは、全国の川(農村環境も含む)での調査・検討の実績を持ち、生物・水質・水理・設計・合意形成などの各分野の技術者が「自然再生」に取り組んでいます。川の自然と川を取り巻く現状を正確に捉え、将来のあるべき姿を描いて、課題の解決策をご提案(現状の把握、目標の検討、対策の提案、合意形成のサポートなど)いたします。

近5ヶ年の実績(平成30年10月1日現在)

受注年度 発注者 業務内容
平成25年(2013年) 関東地方整備局荒川上流河川事務所 H25荒川太郎右衛門地区自然再生検討業務
平成26年(2014年) 関東地方整備局荒川上流河川事務所 H26荒川太郎右衛門地区自然再生検討業務
平成26年(2014年) 九州地方整備局遠賀川河川事務所 平成26年遠賀川水系エコロジカルネットワーク再生整備検討業務
平成27年(2015年) 関東地方整備局荒川上流河川事務所 H27荒川太郎右衛門地区自然再生検討業務
平成27年(2015年) 関東地方整備局利根川下流河川事務所 H27利根川下流部自然再生検討業務
平成28年(2016年) 関東地方整備局荒川上流河川事務所 H28荒川太郎右衛門地区自然再生検討業務
平成28年(2016年) 関東地方整備局利根川下流河川事務所 H28利根川下流部自然再生検討業務
平成29年(2017年) 関東地方整備局荒川上流河川事務所 H29荒川太郎右衛門地区自然再生検討業務
平成29年(2017年) 関東地方整備局利根川下流河川事務所 H29利根川下流部自然再生検討業務
平成29年(2017年) 近畿地方整備局淀川河川事務所 淀川ワンド再生影響評価業務

他多数