津波対策

1.津波対策の必要性

東日本大震災による津波大災害を契機に、地震外力の見直し・津波による浸水予測の見直し、対策の見直し、ハザードマップの早急な見直しが求められています。日水コンでは、地震外力の設定(波源モデルの作成)、津波の解析、津波の遡上・浸水予測を行い、津波対策やハザードマップの見直しを検討します。

2.地震外力の検討事例

中央防災会議の検討資料等に基づき、地震の震源域および垂直変動量等の波源モデルを作成します。その波源モデルをもとに、海域の津波解析を行い、対象地区に到達する津波の波形を計算し、実測された波との比較により、波モデルの見直し等を行い、精度の向上を図ります。

延宝房総沖地震の海底の変動量の設定

延宝房総沖地震の海底の変動量の設定

明治三陸沖地震の海底の変動量の設定

明治三陸沖地震の海底の変動量の設定

海域:解析領域のモデル化:ネスティングによってメッシュを細かく設定していく

海域:解析領域のモデル化
ネスティングによってメッシュを細かく設定していく

沿岸:解析領域のモデル化:ネスティングによってメッシュを細かく設定していく

沿岸:解析領域のモデル化
ネスティングによってメッシュを細かく設定していく

3.津波予測と対策の検討事例

対象地区周辺の海岸の地形、施設の高さや大きさおよび陸域の地形(主にLPデータに基づく)をモデル化し、津波による浸水域を予測し、予測される被害状況に基づき、施設の耐震補強の必要性等や、ハザードマップの見直し検討を行います。

対象域の地盤高をLPデータにより詳細に設定し、沿岸の海底の高さ、海岸の施設の高さの資料を収集して設定。

対象域の地盤高をLPデータにより詳細に設定し、沿岸の海底の高さ、海岸の施設の高さの資料を収集して設定。

対象域の粗度係数を土地利用をもとに設定。

対象域の粗度係数を土地利用をもとに設定。

沿岸:浸水予測結果:延宝房総沖地震では、沿岸と河川沿いを遡上した津波による浸水が発生する。

浸水予測結果:延宝房総沖地震では、沿岸と河川沿いを遡上した津波による浸水が発生する。

対象域の詳細な浸水域を分析する。旧川跡の低地沿いに氾濫が発生する。

対象域の詳細な浸水域を分析する。旧川跡の低地沿いに氾濫が発生する。

4.業務実績

近5ヶ年の実績(平成30年10月1日現在)

受注年度 発注者 業務内容
平成25年(2013年) 神奈川県県西土木事務所小田原土木センター 平成25年度海岸高潮対策工事(県単)その1平成25年度河川修繕工事(県単)その2合併津波対策計画検討業務委託
平成25年(2013年) 宮崎県日向土木事務所 平成25年度防安水防第5-C号耳川幸脇地区事業整備手法再検討業務
平成25年(2013年) 静岡県熱海土木事務所 平成25年度[第25-K4412-01号]二級河川初川他緊急河川調査事業に伴う設計業務委託(治水計画検討)(13-04)
平成26年(2014年) 宮崎県日向土木事務所 平成26年度防安津波第11-A号塩見川水系河川津波遡上検討業務
平成27年(2015年) 高知県幡多土木事務所 松田川地震高潮対策樋門耐震性能照査委託業務
平成27年(2015年) 兵庫県中播磨県民センター姫路港管理事務所 (二)西浜川水系西浜川西浜川防潮水門水門耐震補強詳細設計業務
平成27年(2015年) 宮崎県延岡土木事務所 平成27年度防安津波第13-F号二級河川沖田川水系河川津波遡上解析及び耐震点検業務
平成28年(2016年) 神奈川県横須賀土木事務所 (横土386)平成28年度河川改修工事(県単)その3平成28年度河川修繕工事(県単)その22合併調査検討業務委託