「中大口径管路等を対象とした無人小型飛行体によるスクリーニング調査技術の実用化に関する調査事業」が平成28年度B-DASHプロジェクト予備調査に採択

プレスリリース

このたび弊社は、国土交通省が実施する下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)において、弊社を代表とし、横浜市、ブルーイノベーション(株)、横浜国立大学の4者からなる共同研究体で「中大口径管路等を対象とした無人小型飛行体によるスクリーニング調査技術の実用化に関する調査事業」を提案し、平成28年度の予備調査として採択されました。

背景・課題

横浜市は膨大な下水道管路のストックを保有しており、限られた予算の中、計画的に調査を進めてきました。しかしながら、特に重要な幹線である中大口径管路については硫化水素の発生や流水等が支障となり 設置からこれまで数十年の間、未調査のままとなっている路線も多く、長年の懸案事項となっていました。

このような状況を踏まえ、ここ数年、橋梁等のインフラ調査において開発が盛んとなっている無人小型飛行体(以下「ドローン」)に着目し、下水道管路施設調査への適用についての研究を開始したものです。

本調査の目的

下水道施設(下水管路等)の内部において、劣化や破損等の状況を高効率かつ低コストで確認可能なドローンに関するFS調査並びに予備調査を行い、今後の調査に活用します。

技術研究開発内容・成果

本調査により、調査困難路線の調査実現、中大口径路線の効率的かつ安全な調査技術の確立、調査費用の低コスト化等の実現を目指します。

なお、弊社はB-DASHプロジェクトに対し積極的に取り組んでおり、本件で5件目の採択となります。本実証事業においても、これまでに培ったノウハウやマネジメント力、分析力等を活かして、下水道管路のマネジメント手法を具体化し、「産」「学」「官」をつなぐ水の総合コンサルタントとして、革新的技術の発展や普及に貢献してまいります。

事前に実施した横浜市下水道管路内予備実験の様子と研究予定のドローン(一例)

事前に実施した横浜市下水道管路内予備実験の様子と研究予定のドローン(一例)

お問合せ

株式会社日水コン 下水道事業部東部事業マネジメント部 副部長 浦部幹夫 TEL:03-5323-6323

> トップページへ | > 更新情報一覧へ | > ニュースリリース一覧へ