多様化する海外水インフラの課題解決に貢献
―日揮グローバルと業務提携契約を締結―

プレスリリース

株式会社日水コン(代表取締役社長 間山 一典、以下、日水コン)は、総合エンジニアリング企業である日揮グローバル株式会社(代表取締役社長執行役員 山﨑 裕、以下、日揮グローバル)と、海外における水インフラ分野に関する業務提携契約を4月1日付で締結しましたので、お知らせいたします。

世界的な人口増加、都市化の進展に伴う水需要の高まりを背景に、地球規模で水資源の安定的な確保と有効利用に向けた機運が高まっています。加えて、環境負荷低減の観点から、官民を含め水インフラに係わる事業体に対して、水資源の確保や使用する水の有効利用において社会的責任を果たすことが求められており、再利用や無排水化(ZLD:Zero Liquid Discharge)の推進など、水インフラにおける課題は多様化しています。

本業務提携により、日水コンが有する水インフラ分野の技術的知見と、日揮グローバルが有するエンジニアリング能力を合わせ、環境適合性と経済性を両立する水インフラの実現をめざします。
 今後、海外における上下水処理施設、海水淡水化設備および工業団地の排水処理・再利用設備などを対象とし、事業化調査、事業計画立案、設計・調達・建設(EPC)および維持管理を共同で受注、遂行する予定です。

日水コンは、基本方針である “水のインパクトカンパニー” に則り、調査・計画・設計といった従来の事業領域を超えて、地域に根差した上下水道経営や建設(EPC)、維持管理への本格的な参入を目指しており、今般の日揮グローバルとの業務提携を通じて、この活動をさらに加速させてまいります。

【ご参考】日揮グローバル株式会社の概要

社 名:日揮グローバル株式会社
 設 立: 2019年
 代表者:代表取締役社長執行役員 山崎 裕
 本 社:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
 資本金:10億円(2019年10月時点)
 概 要:
 エンジニアリング会社の日本最大手、日揮株式会社のホールディングス化に伴い、同社の海外部門を引き継ぎ2019年に設立された。海外オイル&ガス分野、海外インフラ分野のプラント・施設の設計・機材調達・建設工事事業は世界でもトッププラスを誇り、世界80カ国以上、2万件におよぶプロジェクトを遂行してきた実績をもつ。

お問い合せ

株式会社日水コン 地域統括本部海外統括部 堂道、高野 TEL︓03-5323-6263

> トップページへ | > 更新情報一覧へ | > ニュースリリース一覧へ