「中大口径管路等を対象とした革新的調査技術の適用に関する共同研究」 を開始

プレスリリース

弊社は、株式会社雲田商会・横浜国立大学・横浜市とともに、中大口径管路等を対象とした点検調査技術として、小型無人飛行体(ドローン)の適用に関する共同研究契約を締結しました。

本研究は、平成28年度及び平成29年度の2か年にわたりB-DASHプロジェクト予備調査の採択を受けて実施した「中大口径管路等を対象とした無人小型飛行体による腐食調査技術の実用化に関する研究」を継続するものです。これまでの知見を踏まえ、残された課題に対する解決策として、新たな飛行原理を導入した機体の適用等について、自主研究として検討を継続いたします。

弊社はこれらの自主研究に係る研究総括、試験結果の全体取りまとめ、結果の評価(従来技術との比較)、課題整理などを担当します。また、本研究を通じて、下水道管渠における健全なストックマネジメントの実現を図るとともに、これまでに培ったノウハウやマネジメント力、分析力等を活かして、下水道を含む都市インフラシステムソリューションの構築を積極的に推進し、「官」と「民」をつなぐ水の総合コンサルタントとして革新的技術の発展や普及に貢献してまいります。

本研究の概要

1.研究の内容

本研究ではこれまでの研究にて残された課題を解決し、下水道管路内において無人小型飛行体による異常診断の可否を明らかにするため、新たな飛行原理を導入した無人小型飛行体による飛行性能の確認試験を行う。また、得られた飛行性能等を用い、実現場導入時の調査効率や経済性等の効果を明らかにし、実施設への導入可能性を検証する。

2.実証事業期間

平成30年9月3日~平成31年3月31日

3.実証事業の役割
株式会社 日水コン 研究総括、試験結果の全体取りまとめ、結果の評価(従来技術との比較)、課題整理 など
株式会社 雲田商会 現地飛行試験計画立案、試験実施、ドローン機体開発 など
横浜国立大学 画像解析等に関する技術的アドバイス など
横浜市 フィールド提供、試験現場関係者との調整 など

 

本研究のイメージ

お問い合わせ先

株式会社日水コン 事業統括本部 下水道事業部 副部長 浦部 幹夫  TEL:03-5323-6323

> トップページへ | > 更新情報一覧へ | > ニュースリリース一覧へ