滋賀県流域下水道管路を利用した下水熱利用に関する共同研究について

プレスリリース

このたび弊社は、積水化学工業株式会社、関西電力株式会社の3社で共同研究実施協定を締結し、滋賀県に対して「滋賀県流域下水道管路を利用した下水熱利用に関する研究」の実施申請を行い、承諾されました。

これを受け、滋賀県琵琶湖環境部下水道課と共に、流域下水道管路における下水熱利用の共同研究を行うこととなりました。

従来の下水熱利用は、単独公共下水道の下水処理場やポンプ場周辺で実施されるケースが多く、事務所等の冷暖房や給湯等を目的とするものが主流でした。しかし、今回の共同研究は、単独公共下水道より流量が多く、より高い熱ポテンシャルを有する流域下水道の管路を熱源とし、工場等の産業施設における製造プロセス等、産業分野への利用を対象とした国内初の試みとなります。 今回の共同研究において、各者が保有する技術・知見を集結し、今まで未利用であった流域下水道の下水熱エネルギー利用の普及拡大に向け貢献献してまいります。

弊社は、本共同研究をきっかけに、既存領域を超えた、新たなテーマや官民の連携、官の補完などの新規領域への展開をより積極的に図り、新たなコンサルタント産業へ飛躍し、公共事業のサービス向上などをより一層支援できるように努めてまいります。

共同研究の概要(予定)
  • 名  称
    滋賀県流域下水道管路を利用した下水熱利用に関する研究
  • 研究主体
    滋賀県琵琶湖環境部下水道課、積水化学・関西電力・日水コン共同研究体(代表:積水化学工業株式会社)
  • 実施場所
    滋賀県内
  • 実施期間
    共同研究実施協定締結日から2016年3月31日
  • 実施内容
    1. 流域下水道事業の特性の整理
    2. 製造プロセス分野における下水熱の需要家探索
    3. 熱利用先を想定した事業可能性検討と評価
    4. 事業スキームや料金設定に関する検討
共同研究実施主体

滋賀県琵琶湖環境部下水道課(http://www.pref.shiga.lg.jp/

  • 滋賀県大津市 県知事:三日月大造 琵琶湖環境部下水道課長:斎野秀幸
  • 技術・ノウハウ:流域下水道事業に関する技術・ノウハウ

積水化学工業株式会社(http://www.sekisui.co.jp

  • 大阪府大阪市 取締役専務執行役員 環境・ライフラインカンパニープレジデント:久保肇
  • 技術・ノウハウ:下水熱利用システムに関するノウハウ、管路内熱回収技術等

関西電力株式会社(http://www.kepco.co.jp/

  • 大阪府大阪市 取締役社長:八木誠
  • 技術・ノウハウ:エネルギー運用に関するノウハウ、水冷式ヒートポンプ技術等

株式会社日水コン(http://www.nissuicon.co.jp

  • 東京都新宿区 代表取締役社長:野村喜一
  • 技術・ノウハウ:下水道事業全般にわたる技術・ノウハウ

本件に関するお問合せ先

株式会社日水コン 下水道事業部西部ソリューション部 部長 原園照二 TEL:06-6339-7416

> トップページへ | > 更新情報一覧へ | > ニュースリリース一覧へ