健康経営宣言

健康経営宣言

水は、人間の生命・健康に不可欠です。水道、下水道は、憲法25条の生存権を保障するインフラです。当社は、国内外の地方公共団体を主とする顧客への水に関するコンサルティングサービスを通じて、世界の人々の健康に貢献していきます。

そして、コンサルティングサービスの源泉となる知恵を生み出すのは人であるため、当社の経営資源は人です。創業以来の「人を大事にする会社」、この伝統は、これまでと同様、これからも堅持していきます。社員が、健康で生き生きと働く会社、それぞれの個性に応じて能力を発揮できる会社、これこそが、人を育て、会社の発展につながると確信しています。

会社として「健康」を経営課題ととらえ、会社と社員、そして家族が、より安心して、自分らしく働ける会社を目指していきます。また、水コンサルタントのリーディングカンパニーとして、グループ企業・取引先・地域・協会等にも積極的に働きかけて連携していきます。

2019年10月

株式会社日水コン
代表取締役社長 間山 一典

健康経営体系

当社は、健康経営を進めるにあたり、社員一人ひとりが「体(フィジカルヘルス)」「心(メンタルヘルス)」「スキル(人材開発)」の3つの要素を好循環させることが重要であると考えています。この循環を当社では「日水コンWLC(Work Life Circulation)」と呼び、健康経営体系として位置づけています。

推進体制
主な取組と成果

当社では、日水コンWLCのもと、大きく「フィジカルヘルス」「メンタルヘルス」「ワークライフバランス」の3本柱からなる取組を実施しています。各取組は確実に成果を上げてきており、例えば、気軽に本人やその上司が専門スタッフに相談できるようになる等、社内の健康意識が高まってきています。

これまでの実績

喫煙率の低下(前年度比2.5%減)、十分な睡眠取得率の増加(前年度比8.8%増)と改善し、定期健康診断での有所見率も減少(前年度比1.2%減)しました。また、健康経営の継続的な取組により、メンタル疾患者の復職率が向上し、メンタル疾患での退職率も減少(前年度比0.6%減)しています。

2021年度の目標

2021年の数値目標は、「労働生産性の向上」や「望まない形での離職低減」を図ることに主眼を置いて、以下の3つを掲げます。

※プレゼンティーイズム(健康上の理由による個人のパフォーマンス低下)については今年度から測定を開始予定です。

3本柱の具体的な取組と成果

「フィジカルヘルス」

                                                                                         
2019年度実績2020年度実績2021年度目標
定期健康診断受診率 99.1% 99.8% 100.0%
精密検査受診率 19.5% 22.9% 25.0%
定期健康診断での有所見率 49.0% 47.8% 45.0%
特定保健指導参加率 27.5% 40.0%
高血圧による治療継続率 81.0%

「メンタルヘルス」

                                                                               
2019年度実績2020年度実績2021年度目標
ストレスチェック受検率 82.2% 82.7% 85.0%
高ストレス者フォロー率 10.0%
復職支援実施率 100.0% 100.0% 100.0%
復職率 25.0% 64.0% 65.0%

「ワークライフバランス」