下水道

下水道事業部では、調査・計画・設計に関する技術をはじめ、施工、維持管理、経営に関する技術についても蓄積することで、下水道事業全体を支援する体制を目指しております。

さらに、国の技術指針作成、モデル事業の技術推進役、新たな施策における課題解決と実施プロセスの提示など、下水道事業を推進する上での先進的な技術的ノウハウを保持しております。

こうした技術を生かしながら、災害対応を含め、円滑な下水道事業推進に向けて、官民のパートナーとしての役割を果たし、下水道事業全体を支援いたします。

  • 官民連携(PPP)

    パンフレットを開く【PDF】 1.官民連携(PPP)とは PPP(Public Private Partnership)とは公共サービスの提供に何らかの形で民間が参画する手法を幅広く捉えた概念で、 PFI(Private Fin…続きを読む

  • 管路の包括的民間委託

    パンフレットを開く【PDF】 1.包括的民間委託の導入状況 包括的民間委託とは、「民間事業者が施設を適切に運転し、一定の要求水準(性能要件)を満足する条件で、下水処理場の運転・維持管理について民間事業者(受託者)の裁量に任せる」…続きを読む

  • 浸水対策

    パンフレットを開く【PDF】 1.浸水対策は「リスクコミュニケーション」が不可欠 浸水対策を着実に進めるためには、住民等の「受け手」と、事業者となる「プレイヤー」との「リスクコミュニケーション」が重要です。 1-1.地…続きを読む

  • 洪水ハザードマップ

    都市型水害から市民を守ります 東海豪雨が残した教訓 平成12年9月11日から12日にかけて東海地方を襲った集中豪雨は、庄内川・新川の沿川に甚大な被害を生じさせました。 このことは、地域水防災への対応に関していくつかの教訓を残しました…続きを読む

  • 下水道施設のストックマネジメント

    パンフレットを開く【PDF】 1.下水道ストックマネジメントとは 下水道ストックマネジメントは、『長期的な視点で下水道施設全体の今後の老朽化の進展状況を考慮し、リスク評価等による優先順位付けを行った上で、施設の点検・調査、修…続きを読む

  • 下水道アセットマネジメント

    アセットマネジメントの位置づけと全体構成 下水道事業は、これまで、国庫補助と起債による大きな資金調達のもと下水道の整備を進めてきました。この結果、多くの自治体で下水道の供用を開始しました。一方で、昭和40年代〜昭和50年代に供用開始し…続きを読む

  • 電気伝導度を用いた不明水調査技術

    パンフレットを開く【PDF】 1.電気伝導度を用いた不明水調査 1-1.技術概要 電気伝導度を用いた不明水調査技術は、マンホール及びますに、電源、記憶装置内蔵の小型水質測定器を一定期間設置して水質を測定し、常時浸入水(地下…続きを読む

  • 雨天時下水活性汚泥法

    雨天時下水活性汚泥法を導入しませんか? 分流式の不明水対策にも有効です 従来の雨天時下水処理 雨天時下水活性汚泥処理方法は合流式初期汚濁の改善のひとつとして、既存施設の活性汚泥処理を利用します。 従来の方法で…続きを読む

  • 下水道BCP-業務継続計画-

    BCP(Business Continuity Plan)とは BCPとは、災害発生時のヒト、モノ、情報及びライフライン等の利用できる資源に制約がある状況下においても、適切な業務執行を行うことを目的とした計画です。BCPを策定すること…続きを読む

  • 地方公営企業会計への移行支援業務

    法適用導入に関するご提案 健全な下水道経営を目指すには? 長期にわたり健全な下水道経営を継続するために、 どのようにして下水道管理費を削減すべきか―― どのようにして収入を増やすべきか…続きを読む