水道

私たちが限られた地球の資源の中で持続的に発展していくために、もっと考え実行しなければならないことが山積しています。生活に欠くことのできない“水道”についても「国民皆水道」のレベルに近づいたとは言え、質的な充実がこれからの重要な課題となっています。例えば、良質な水源の確保が困難になっても、一層安全でおいしい水を将来の人たちに残さなければなりませんし、突然発生する災害の時にも、生活用水に事欠かないよう強い水道を構築することも大きな課題です。

私たちは、長年にわたる経験に基づき、層の厚い技術陣で、研究・開発に力を注いでいます。水道の未来のために、また社会のニーズに的確に対応し、一つ一つの水道の実情に即した、“新水道ビジョンの実現に向けた”提案を行います。

  • 新地域水道ビジョンの策定について

    新水道ビジョンの公表 水道を取り巻く環境の大きな変化に対応するため、厚生労働省ではこれまでの「水道ビジョン(平成16年策定、平成20年改訂)」を全面的に見直し、平成25年3月に「新水道ビジョン」を公表しました。この「新水道ビジョン」で…続きを読む

  • 水道におけるアセットマネジメントについて

    マクロマネジメント(更新需要及び財政収支見通し)実践のご提案 水道におけるアセットマネジメントとは 厚生労働省では、アセットマネジメントの重要性について水道事業者に理解していただき、アセットマネジメントの実践が全事業において推進され…続きを読む

  • 「水安全計画(Water Safety Plans)」策定支援コンサルティング

    水安全計画とは?= 水道水質に関する危機管理対策 「水安全計画」とは、食品業界で導入されている衛生管理手法(HACCP※)を参考とした客観的手法により、 以下の手順で安全な水道水を常時供給するシステムづくりを目指…続きを読む

  • 水道の耐震化計画作成について

    市民生活を支える水道 水は人が生きるため、生活を営むためになくてはならないものです。水道が高普及を達成した現在では、水道が生活用水確保の唯一の手段になっていますから、平常時はもとより、地震等の災害時にも一定の給水を確保…続きを読む

  • 水道応急給水・復旧計画のご提案

    市民生活を支える水道 水は人が生きるため、生活を営むためになくてはならないものです。水道が高普及を達成した現在では、水道が生活用水確保の唯一の手段になっています。 このため、平常時はもとより、地震等の災害時…続きを読む

  • 危機管理マニュアル作成のご提案

    ライフラインとしての水道の役割 水道事故・災害時の迅速な対応 水道事業者には、地震などの自然災害や、水質事故、テロ等の非常事態においても、生命や生活を維持するための水道水の供給が求められています。 このため、基…続きを読む

  • ハロ酢酸類の基準強化と必要な取組みについて

    水質基準の見直しとその経緯 水道水質基準のうち、消毒副生成物として挙げられているハロ酢酸類(クロロ酢酸、ジクロロ酢酸、トリクロロ酢酸)の基準値が強化される見通しとなりました。 これは平成25年度第2回水質基準逐次改正検討会(H25…続きを読む

  • 施設の耐震診断・耐震補強のご提案

    平成19年度より"耐震化事業に補助適用の道"、平成20年度より"国庫補助採択基準の緩和" 厚生労働省は、平成19・20年度に国庫補助制度を見直しました。 平成19年度は「ライフライン機能強化等事業費」に、基幹水道構造物等の耐震化を促進…続きを読む

  • 簡易水道統合計画策定のご提案

    簡易水道等施設整備費国庫補助制度 統合計画の策定期限を平成23年度迄延長 (2010年4月改正) 統合計画を策定した簡易水道事業は補助を継続するとしています。一方、既存の水道事業に統合可能な簡易水道事業は補助対象としない、給水原価や…続きを読む

  • 簡易水道事業統合計画Q&A

    統合計画策定の目的はなんですか? 簡易水道事業統合計画は、同一行政区域内の上水道事業、簡易水道事業及び飲料水供給施設(給水人口が10人以上で100人以下の施設を言う)の事業統合を合理的かつ計画的に推進することを目的としており、事業統合…続きを読む